日本デジタルパソロジー研究会は、デジタルパソロジーの技術向上を通じ、より正確な病理診断に貢献してゆきます

日本デジタルパソロジー研究会について

病理医不足から常勤病理医のいない病院の術中迅速診断を、遠隔地から画像転送を用いて診断することを目的として結成され、病理医や病理技師とともに、光学機器や通信、情報システムなどの各機器のベンダーも会員となっている点が大きな特徴です。

詳細を見る

会の目的

本研究会は、大きな可能性を持つデジタルパソロジーを広げていくために、年1回の例会を持ち回りで開いています。また日本病理学会、日本臨床細胞学会、日本遠隔医療学会などと連携して、各種ワークショップやシンポジウムなどを開催しています。会員の皆様からご支援をいただき,本研究会の活動をさらに活発に進めていきたいと考えております。

詳細を見る

会の使命

会員の皆様からご支援をいただき,本研究会の活動をさらに活発に進めていきたいと考えております。

Learn More

会員募集中

デジタルパソロジーに興味のある医師・技師・学生・ベンダー、デジタルパソロジーを支えていただける協賛企業様を随時募集しております。

入会はこちらから

新着情報

スポンサー企業

日本デジタルパソロジー研究会はデジタルパソロジー分野、人工知能分野の各企業様による協賛をいただいて運営しております。
ワークショップ等では協賛企業の展示出展も予定しております。