JSDP 2021 抄録登録

第19回日本デジタルパソロジー研究会オンライン総会 抄録登録

 皆様におかれましては、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に伴い、厳しい業務を送られていることと存じます。日々、最前線で尽力されている医療従事者の皆様に心から敬意を表します。

さて日本デジタルパソロジー研究会は、1999 年より始まった病理医、臨床検査技師、更に光学機器や通信、情報システムを取り扱うベンダーで構成された研究会です。現在、病理ガラススライド標本を高解像度のデジタル画像に変換できる WSI (Whole Slide Imaging)システムを主体としたデジタルパソロジーという新たな分野が確立された中、様々な用途及び応用について研究しています。

この度、第19回日本デジタルパソロジー研究会の運営を仰せつかり、2020年8月長崎大学にて研究会総会を開催する運びとなっておりましたが、新型コロナウィルス感染症の影響を受け、延期としておりました。皆様と一堂に会し、熱くディスカッションを行う機会を模索しておりましたが、世界各国において新型コロナウィルスの収束困難な状況が続いており、WEB開催とさせていただくことになりました。

オンライン開催とはなりますが、Digital Pathology Association (DPA,米国)、さらに今年からはEuropean society Digital and integrative pathology (ESDIP, 欧州)とも連携を開始し、Englishセッションの時間を設け、国内外の最新の情報交換ができる時間を設けております。ポスターセッションもSlide shareの形態をとることで、参加者の理解が深まると思っております。

実りある学会になりますように関係者一同最善を尽くす所存でございますので、多数のご参加、演題登録を心よりお待ちしております。末筆ながら皆様の益々のご健勝をお祈りいたします。


責任発表者



発表者 (必須)
協同演者1
協同演者2
協同演者3
協同演者4
協同演者5
協同演者6
協同演者7
協同演者8
協同演者9
協同演者10
協同演者11